運動で便秘予防は可能?

運動として適しているもの

運動をするのにも注意が必要ですね。妊娠中にジョギングをしてしまう人はさすがにいないとは思いますが、お腹に刺激のないように行っていきましょう。

マタニティ用のエクササイズも増えていますので活用していきましょう。マタニティビクスやマタニティヨガ、マタニティスイミングなどバラエティ豊かですよ。

デリケートな妊婦さんに合せたプログラムがスポーツジムなどでも提供されています。これらはインストラクターだけではなく、助産師などの立ち会いの下に実施されることが多いので、不安を感じることもないでしょう。

また、ジムに通うのは費用的にちょっと・・・という人は、産科医と相談しながらゆっくりとしたウォーキングを1日に20~30分程度するだけでも随分違いますよ。外気に触れることによってリフレッシュも出来るのがメリットです。

秋冬には外が冷えますので防寒対策をしっかりしましょう。夏場には充分な水分補給も必要になりますので、飲み物を持ち歩いてウォーキングをして下さい。もちろん出来る範囲でかまいません。

妊娠時には出来ないものも?

便秘の解消をするにもオススメ出来ない運動もありますね。腸の動きを活発にするにはお腹を動かしたいのですが、赤ちゃんのことを考えると無理は禁物です。ねじったりするような動作は便秘に効果的ではありますが、妊娠中にはしないで下さい。

また、運動全般に言えることですが、激しいものや体に振動がくるようなことは赤ちゃんにもよくない影響が出ます。注意するまでもないかもしれませんが、跳ねたり走ったりという動作は控えるようにしましょう。

腹筋がつくと排便しやすくなりますが、筋トレなども好ましくはないですね。骨盤に関わる体操も便秘には改善の傾向がありますが、これに関しても出産に向けて開いていく骨盤に影響するため、妊娠中は避けた方が良いでしょう。破水しても困ります。

妊娠の月数によって、リスクを伴いますので、安心して出来る運動を取り入れていってはいかがでしょうか。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ