体をきちんと温める

きちんと入浴する

血行促進をしたり内臓を温めると便秘も改善されると言われています。妊娠中はバスタブにつかるのは大変ですし、足元が滑りそうで怖いですよね。でもシャワーで済ませてしまっては、体が温まりきらないのです。

そのため半身浴や全身浴をして芯まで温かくしていくと良いでしょう。体の状態によって温度や時間を調整してかまいません。目安としては39度くらいの温めのお湯に20分程度入っていると、体がしっかり温められます。

汗ばんできた時点で終了にしても良いでしょう。その時には500mlペットボトルに水を持って入り、飲みきるようにして下さい。

冷たい水を飲んだ方が良いと思うかも知れませんが、この時にも常温かそれより温かい水の方が体にも吸収されやすく、下痢などにもならないので良いですね。

せっかく温めた体を冷やさないように工夫していって下さい。白湯などでも良いですし、ゆっくりと飲んでのぼせや湯あたりの無いようにしていきましょう。その方が体も楽ですよ。

辛ければ足湯でも

どうしても体がだるい時などに全身浴は辛いこともあると思います。でも便秘が辛くてどうにかしたい、という時には足湯でもかまいません。

専用のフットバス用品は保温効果も高くて便利なのですが、費用の問題がありますね。バケツに42度くらいの熱めのお湯を入れて10~15分程度、足をつけておくというのも良いです。

この時にアロマオイルの好きな香りのものを選んでもリラックス出来ますし、少量の入浴剤を使うと温熱効果も高くなっていくでしょう。

お湯を捨てるのはバケツが重たすぎると大変ですよね。そういうことも考えると、くるぶしまでつかる程度のお湯の量で構わないので体に負担のないようにしましょう。

ふくらはぎまで温めると効果的ではありますが、パートナーなど、他の人がお湯を捨ててくれるときに、その方法を利用するだけに留めておきましょう。妊婦さんが重いものを持つのは好ましくありませんね。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ