発酵食品やフルーツは便秘に効果的

発酵食品

便秘になった時発酵食品が良いのは、腸の中で善玉菌を増やしてくれるというのが大きな理由です。ヨーグルトを初めとして色々ありますので、少しでも構わないので取り入れていきましょう。

ヨーグルトでしたら善玉菌を増やすのと整腸作用があります。納豆には納豆菌が入っているので、これが大腸の環境を良くしていきます。

チーズは食べて良いものと避けた方が良いものに分かれますが、低温殺菌がされているものを摂取して下さい。カビ系のチーズはお勧めできません。

酢というと妊娠中には気分が悪くなりそうですが、黒酢は良いかもしれませんね。天然由来ですし、妊娠中に必要な栄養も取れて妊娠中毒になりにくいです。

そのまま飲めるタイプでも、牛乳と混ぜるとヨーグルト感覚ですし、ビタミンDやカルシウムも充分に吸収できます。

他にもキムチやイカの塩辛がありますが、これらでは塩分についての注意が必要です。塩分過多になるとむくみなどが発生しやすく、便秘以外にも苦痛が増えますね。

フルーツ

フルーツにも便秘を改善する効果が期待出来ます。カロリーを見ながら取り過ぎに気を付けて食べるのが好ましいですね。バナナはフルーツの王様と言われるくらい栄養がありますが、カロリーは高めになっています。

便秘には食物繊維やオリゴ糖、マグネシウムなどが効果を発揮します。水溶性食物繊維やポリフェノールが入っているとガスを作りにくいですね。

ミカンはビタミンCも取れますし、食物繊維などの成分も良いです。皮ごと食べるのが理想的だというドクターがいましたが、実際に食べると美味しいものではありません。

しかも胸焼けもしますので皮ごとはおすすめ出来ないですね。美味しい食べ方をして下さい。イチゴは妊娠期に必要な葉酸や食物繊維が豊富です。100g当たりのカロリーとしては低い方になります。

これらのフルーツは1日目安として200gを上限として食べるようにしましょう。食事とのバランス良く取り入れていくのが良いですね。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ