食物繊維をしっかりと摂る

効率的なものとして

妊娠中の便秘を解消するのにどのように食物繊維を摂ると良いのでしょうか?食べ物から摂ると、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維の両方が含有されていますので効率が良いでしょう。

ただし、不溶性食物繊維は腸の中にガスがたまりやすいので妊娠中には注意が必要です。しかし、液状になっている水溶性食物繊維だけでは腸をそのまま通過してしまうこともあります。

1日に7gくらいの食物繊維が必要なのですが、これを3.5gずつ水溶性と不溶性食物繊維で摂取して見てはいかがでしょう。ガスがたまりすぎることもなく、せっかく摂取しても通過してしまうことはないでしょう。

もちろん水溶性の食物繊維も全く吸収されないということではありません。無駄にならないように出来るだけ上手に吸収効果を出せるようにしていきましょう。

野菜については、カロリーが低くなっているので調理によって使い勝手がいいですよ。

青汁じゃダメなの?

青汁や野菜ジュースを使用して摂取するのはダメなのでしょうか?ただ単に食物繊維を100%摂取しようと思ってもそれは難しいかも知れません。しかしメリットがたくさんあるというのは事実でしょう。

他にも多くの栄養素が青汁や野菜ジュースには含まれているからです。妊娠中の便秘に良いのは食物繊維だけではありません。その他のビタミンやミネラルがたくさん入っていて充分に活用できるものなのです。

青汁や野菜ジュースだけが全てではないので、1品にだけ頼るのはおすすめ出来ません。色々なものとの組み合わせによって、相乗効果を発揮していくものでもありますので、単品で解決を図らないようにしましょう。

栄養のバランスが良いというのを心がけて工夫をしていくことも大事ですね。組み合わせによって吸収の上がっていく成分の組み合わせというものも多数あります。

青汁や野菜ジュースも取りながら栄養バランスを考えた食事を摂取するように心がけましょう。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ