昔の知恵「ヒマシ油」って?

下剤の代わりにも

ヒマシ油というのをご存じでしょうか?昔から下剤として使用されてきたものです。口から体に入れるものとしては安全に妊娠中の便秘が改善できるものですよ。

子供にも使えるものでお通じの調子を良くします。天然植物から抽出していますので安全性の高さはありますね。味はとても美味しいとは言えないものなのですが、体への害のなさを考えると仕方がないところではあります。

ただし、妊娠中出も時期によって使って良い時と、使用を避けたい時がありますので注意をした方が良いでしょう。副作用ではないのですが、他にも妊娠に関わる効果を示すので、使い方には気を付けた方が良いのです。

ヒマシ油はダイエットなどにも使用されるものとしても注目されていますね。産後の授乳期に便秘になっても使えるので、覚えておくと便利なものではありますよ。目安としてスプーンに1杯程度の量で大丈夫です。

陣痛を促すので注意が必要

ヒマシ油の便秘解消以外の効果としては、陣痛を促すというものがあります。40年くらい前には医薬品としての陣痛促進剤を使用する前に、ヒマシ油を使って陣痛を促していた地域もありますね。

ヒマシ油に含まれるリシノール酸というものに効果があると最近では医学的にもわかってきました。これは小腸や子宮筋を収縮させることから便秘の解消だけではなく陣痛を促進してしまいます。

スプーンに小さじ1杯飲んだ後、2~5時間で効果が出ますが、多少の個人差もありますので時間通りにとはいかないこともあります。

出産が近いときにはおすすめ出来ない方法なので、産科医などと相談をして指示に従って下さい。承諾のないままに使用するのは良くありませんね。

早産になってしまうリスクも考えると、それほど安易に使用はしないと思いますが、念のために注意点として記載をしておきましょう。

昔の知恵ではありますし、今まで害は出ていないものの早産の可能性は否定しきれないものがあります。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ