下剤は使用して良いの?

医薬品としては使用しない

便秘を解消するために、普段なら下剤を初めとした便秘薬を使用する方も多いと思います。

しかし、大腸への影響が強すぎて切迫流産をしてしまうこともあるので、市販の下剤は推奨されていないのです。むしろ禁止されていると考えておいた方が良いでしょう。

その他の理由としては、下剤は赤ちゃんへの悪影響があるかも知れないという事です。

流産の可能性については医師のデータに基づいて悪影響が認められているのですが、赤ちゃんへの影響は立証されているものではありません。しかし、リスクについても予測しておいた方が無難ですね。

便秘は出産後にも継続しやすいのですが、授乳をするときにも同じ結果が出ることも考えられますので、妊娠して、子供の出産後もしばらくは下剤が使用出来ないものと思っていて下さい。

便秘解消には他の方法がたくさんありますので、下剤以外の方法を活用して行った方が良いでしょう。赤ちゃんへの悪影響は避けたいですね。

漢方薬でなら

同じ薬でも、漢方薬を使用して便秘を改善することも出来ます。ただし漢方薬の中でも使用してはいけないものもありますので、産科医などの専門家に相談をして下さい。

便秘の傾向がある人に知られているセンナは、最も使用したくない漢方薬として挙げられます。子宮を収縮させたり、子宮筋を興奮状態にさせる作用を持っています。

基本的に婦人薬としているものについては、禁忌とされている成分や生薬は配合されないものなのですが、念のために確認だけはしましょう。

処方されている薬の中でも医薬品とは異なり、妊娠中にも使用できる便利な薬として漢方薬を活用するのは良いでしょう。

生薬によって色々な作用があります。自分との相性でも効果が変わってきますので、独断で選ばないようにしましょう。

漢方薬といってもサプリメントとは異なって、薬であることには変わりがないので、注意が必要なところです。

専門の漢方医という人もいますが、完全に相性の良いものを捜せる人は少ないと言われています。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ