何が原因でどんな症状なのか?

何が原因になっているのか

妊娠中の便秘には2種類ありますが、大腸の圧迫や動きの鈍さが原因です。食事もちゃんとしないと、便になりにくいので出にくくなります。

つわりが酷いときには無理に食べなくて良いのですが、食物繊維は何かで別にとっていかないと不足することがあります。

食べたらその分、ガスも堪りやすくなりますし、体重コントロールで食事を抑えていることもあると思います。ローカロリーの食事を選んでいくと良いのですが、多くの人が食べる量を減らしても便秘になってしまいます。

体が動かしにくくなると、入浴も面倒に思ってシャワーだけにしたり、水分をきちんと取っていないこともあったりしてトイレに行くことも少なくなってしまいます。

冷えや水分不足によっても妊娠中の便秘の原因となります。要因としてはたくさんありますので、1つずつ対策していくようにします。慌ててストレスがたまるのも便秘には良くないですよ。

どのような症状なのか

便秘は妊娠中もそうではないときも同じく、お腹がはったり腹痛や気持ちが悪くなることもありますね。お腹が張りすぎて月数よりも大きく見える妊婦さんもいるようですよ。

臨月が近くなると便通のために力みたくても破水しそうで怖いというケースもあります。そうするとなおのこと便秘が悪化していってしまいます。

便秘で胸がムカムカするようになってしまうと食事も取れなくなって栄養不足になります。母子共に良くない状態ですね。食べないと便を押し出せないですし、お通じをよくする成分を食品から摂取出来なくなるという悪循環にもなっていきます。

あまりひどくならないうちに対処していきましょう。少しでもお通じがないときには注意をした方が良いです。2~3日程度でしたら比較的改善しやすいですが、1週間にもなってしまうと後々が大変になっていきます。

便秘になってしまうと、かかった時間の倍以上をかけて治すことになるものなのです。リラックスしながら症状を見極めて下さい。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ