早めに便秘を解消しないと痔になる!?

早めに解消しておかないと

便秘でもあまり気にしない、気にならないというタイプの人がいて対策をとらないことがあります。本人が気にしなければそれで良いのでは?と思うかも知れませんが、便通が1週間もないのに放っておくのは問題でしょう。

早めに解消しないと出口付近の便が硬くなって余計に出にくくなっていきます。便秘がどんどん悪化していきます。更に長引いてやっと自覚症状が出たときには、対処のしようがないということにもなりかねます。

自分で苦しいと思わなくても、便通がないということが分かっているのなら便秘解消に取り組んで下さい。対策が遅れてしまうと苦しいのは本人ですし、個人的に行うケアでは解消しきれず、病院での治療を受けることになりますよね。

漢方などの処方や、最悪の場合、摘便といって看護師に指で取り除かれることもあります。それはいやですよね。自分で出来る範囲内ですむうちに何とかしてしまった方が無難ですね。

痔になる可能性も

出産をすると痔になりやすいというのは多くの人が知っていると思います、これは便秘をしない妊婦さんでも同じことです。

そこに便秘のまま何もしていない妊婦さんがいたらどう思いますか?便が硬くなって悪化している便秘を治そうとしても痔になる可能性が高いです。妊娠していない便秘の女性にもこの傾向は見られます。

ただし、妊娠していない場合には下剤で便を緩くすることなど、あらゆる手段が自由に取れますからまだ楽でしょう。

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんのことも考えなくてはいけませんので、限られた手段で便秘を解消することしかできません。早い内に手を打った方が良いという事は分かると思います。

痔になるのもクセがつくと繰り返すようなので後々を考えても大変でしょう。すぐにでも便秘改善に取り組んで下さい。

痔の種類にもよりますが手術の必要なものまでありますよ。そうすると入院もしなくてはいけないので、これはこれで中々大変なものなのです。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ