いつ頃から便秘になりやすいのか

妊娠何ヶ月後から?

いつ頃から便秘になりやすいものなのでしょうか、対策をとるのにも知っておきたいですね。妊娠した時点から個人差はあるものの、基本的には便秘になりやすくなります。

妊娠期全てにおいて便秘になりやすいものだと思って下さい。つわりで苦しんでいて、やっと治まったらもう便秘になっていたということもあるようです。困ってしまいますよね。

妊娠を希望し始めた頃から体のコンディションを整え始めた方が良いでしょう。便秘にならないためでもありますが、妊娠してから快適な生活を送るのにも、生活習慣の見直しはしておいた方が良いですね。

予防策を参考にしながら対策していかないと、便秘になりやすい体になってしまいます。大腸が圧迫されるのは仕方がないものとしても、出来るだけ便秘を招かないようにしていくのが理想的ではありますね。

工夫次第によってはかなり便秘を軽く済ませることも出来ますし、便秘で苦しまなくて良いということもあります。いろいろと挑戦していきましょう。

なりやすい理由

妊娠すると便秘になりやすいのは2つの原因によるものが多いですが、妊娠初期の頃は赤ちゃんも小さいので大腸が圧迫されることは少ないでしょう。主に女性ホルモンのプロゲステロンが原因になるものと考えてかまわないですね。

これをコントロールしようとしても難しい面がありますが、女性ホルモンと似た作用をする大豆イソフラボンの様な成分の摂取によって便秘を改善することも可能です。

徐々に赤ちゃんが成長してくるとお腹の中でスペースを必要としますので、大腸が圧迫され始めます。

2タイプの原因で必ず便秘を招くとは断言できませんが、元々体質的に便秘になりやすい人もいますので、そのまま妊娠して便秘の状態が続いていくのは辛いものがあると思います。

先手を打って便秘解消をして習慣づけておくのも良いのではないでしょうか。産後にも便秘をしやすい人もいて継続的な状態になることも考えられますよ。

【妊婦さん向け】の大人気の便秘解消サプリ