妊娠中の便秘に悩んでいませんか?

便秘の種類について

妊娠中の便秘には種類があります。これによって少し対処方法が変わることもあります。具体的には直腸性便秘というものと、弛緩性便秘という2パターンに分かれています。

直腸性便秘というのは、赤ちゃんが育つことによってお腹の中で大腸が押されてしまって起こります。弛緩性便秘はホルモンバランスが崩れて腸の動きが鈍くなりお通じが悪くなります。

これらは主にプロゲステロンの影響です。貧血を起こしやすくなるので鉄剤を飲んでいる人も便秘になりやすいです。妊娠していない時は鉄剤と下剤はセットで処方されますが、妊娠しているときには下剤を使用しませんので便秘になっていきます。

お腹が大きくなると活動的ではなくなり、腹筋も弱くなります。そのせいで便を押し出す力が弱くなることも原因の一つです。ひとまず妊娠中の便秘にも2種類あることを理解して対策方法を考えていきましょう。

妊婦といっても基本的な解決方法は、普通の便秘と似ていますので、通常の便秘と同じように対策していきましょう。

どのような仕組みでなるのか

妊娠中の便秘は大腸の圧迫や、動きが鈍くなるのが主な原因となっていますが、これに加えて食事の好みが変わることもあって便が出にくくなります。

便の通り道が狭いと、腸の中で便が降りていけなくなることもありますね。腸がいつも通りに動かないことによっても便秘を誘発します。プロゲステロンが胃や腸の筋肉を弱めるとなおのことお通じは悪くなりますよ。

食が細くなると、食物繊維も充分に摂取出来なくなるので困ってしまうでしょう。内臓は温度が下がると動きが鈍化してしまいます。妊娠中は冷えにも注意をしないと便秘が酷くなりますので、これにも気を付けていって下さい。

これらが総合的に作用したり、個別に作用することによって妊娠中の便秘の原因を作って行くのです。原因を踏まえて適切な処置をしていくと快適に便秘解消していけますので、ご自分のコンディションを毎日しっかりと管理していきましょう。

妊娠中の便秘の原因
便秘の原因はどのようなものがあるのでしょうか?基礎知識を学びましょう。

妊娠中の便秘予防
妊娠中は便秘になりやすいです。便秘の予防方法を紹介しています。

妊娠中の便秘対策
妊娠中の便秘対策方法について紹介しています。できることから実行していきましょう。